「湖国」滋賀から発信する"おとなの暮らし発見"マガジン

自悠時間

新着情報

お知らせ

自悠時間Vol41を発行しました!

自悠時間Vol41続々出荷中!

今回の特集は「八日市」
実は八日市には大正4年に民間飛行場が出来ていたんです!
そして大正11年に軍用飛行場になったのですが
昭和20年7月24日の早朝、八日市上空で27機対25機の大空中戦が繰り広げられました。

今はそんな面影も殆ど残っていませんが、郷土史家の中島伸男さんにお話を伺い
わずかに残され飛行場の記憶を手繰り寄せてみました。
写真の大きなドームは「掩体壕(えんたいごう」。ゼロ戦を隠していた壕です。
そして太郎坊さんに残された木製のプロペラの謎!!

またもう一つ注目すべきは、実はディープスポット「ほんまち商店街」今、ここが熱い!!

いまも生活の足となっている「新八日市駅」。
なぜめちゃキレイな八日市駅よりもこっちの駅に「新」がついているのか・・・

自悠時間Vol41号は3月25日発行です。

vol41

トップページに戻る