「湖国」滋賀から発信する"おとなの暮らし発見"マガジン

自悠時間

自悠時間滋賀オンライン

川の中に咲く可憐な水中花!中山道醒井宿の「梅花藻」は今が見頃!【8月下旬頃まで 米原】

smile

中山道の宿場町として知られる「醒井(さめがい)」を流れる地蔵川では、梅花藻(バイカモ)の花が見頃を迎えています。

(2021年8月7日現在)

地蔵川は居醒の清水(いさめのしみず)から湧き出ており、平成の名水100選にも選ばれているそう。

水温は年間を通じて14度ほどと安定し、貴重な淡水魚である「ハリヨ」も生息しています。

懐かしさを感じる街並みも、情緒があります。

 

梅花藻は、川の水底に群生し、水流中に沈生。流れに沿って這うように育つキンポウゲ科の多年生草木植物です。

初夏から晩夏にかけて梅花のような白い花を咲かせます。

見頃は8月下旬ごろまで。今の時期だけの特別な景色です。

 

地蔵川は、JR醒ケ井駅から徒歩10分程度。駅前にコインパーキングもあります。

醒井宿には地蔵川の源流の「居醒の清水」ほか、十王水や西行水などといった湧き水スポットもありますので、涼を求めにぜひ出かけてみてください。

====

◆中山道醒井宿

住所:米原市醒井(GoogleMap)

梅花藻の見頃:7月下旬から8月下旬頃まで

米原市ホームページ

トップページに戻る
Translate »