イベントおでかけ暮らし&趣味

【7/16~7/24】「いのちのかたち展」三井寺観音堂書院(滋賀県大津市)で開催!陶芸家と子どもたちの白磁の作品など、形の多様性に魅了される不思議な空間《入場無料》

陶芸家・奥田美惠子

「いのちのかたち展」7月16日~7月24日

三井寺観音堂書院 《入場無料》

 

■陶芸家・奥田美惠子さんとのコラボ作品を展示■

土の塊をワイヤーで切り、その断面を利用して生まれる多様な形。

5月28日、三井寺にて子どもから大人までを対象に開催されたワークショップ

「土と遊ぼう-世界でひとつだけの“かたち”を見つけよう-」では

陶芸家・奥田美惠子さんとたくさんの参加者で即興の作品づくりが行われました。

今回は、そのときの作品(白磁)を焼成し、「いのちのかたち展」として

情緒あふれる三井寺観音堂書院の座敷と庭を使って展示されます。

陶芸家と一般の人たちの作品がコラボされた貴重な展覧会、

ぜひ見学に訪れては。

■奥田美惠子 いのちのかたち展■

時間/8:30~16:30

料金/無料(入山料が別途必要)

作家在居日/7月16日~18日、22日~24日(午後1時より)

会場/三井寺観音堂書院 滋賀県大津市園城寺町246

【陶芸家・奥田美惠子】

1956年、京都市宇治市生まれ。
1979年、作陶を開始。滋賀現代絵画展、信楽現代作家展などへの出展、個展開催など。
海外でのデモンストレーションやワークショップなども多数開催。

一覧へ
トップページに戻る