おきしま倶楽部

滋賀の焼酎「沖の雫」/近江八幡・沖島
沖島産のサツマイモ100%を使った芋焼酎

芋焼酎特有の香りは控えめですっきりとした味わい。水割りやソーダ割りもいいが、風味とまろやかな口当たりを堪能できるロックがおすすめ。
近江八幡・堀切港から琵琶湖の沖合約1.5kmに浮かぶ小さな有人島・沖島。古くから琵琶湖の航行を守る“神の島”と伝えられ、島の祖先は源氏の落人7人。港を囲む漁船、浜のギリギリに建つ古い家並みが、昭和時代を思い起こす。まるでこの島だけ時の流れがゆっくりと進んでいるかのようだ。 芋焼酎“沖の雫”は、沖島で栽培されたサツマイモ「紅あずま」だけを使って蒸留された。

人口減少が進む沖島
近江八幡市出身・
福井和彦さんの挑戦

  • 沖島で採れたサツマイモ(紅あずま)を使った芋焼酎
  • 株式会社おきしま倶楽部 福井 和彦さん
    地元・近江八幡市にある沖島の役に立ちたいと、2014年沖島を活性化する活動団体 「おきしま倶楽部」を創設

琵琶湖に浮かぶ沖島の紅あずまを100%使った芋焼酎「沖の雫」。滋賀県のふるさと納税返礼品に選定され、県内の道の駅などで人気を集めるこの焼酎は、近江八幡市出身の福井和彦さんによって生み出された。
福井さんは現役時代、知人による紹介で3社の企業を渡り歩いてきた。2012年、50歳を迎える頃、「これからの人生、自分で考えた事業に取り組んでみたい」と脱サラを決意。地元・近江八幡に目を向け、沖島を訪れた。
「そこに広がるのは、幼少期を思い起こす日本の“原風景”だった」と福井さん。沖島の島民は、90%以上が琵琶湖の漁業に従事し、畑で野菜を栽培する半農半漁の暮らしを営む。高齢化が進み、人口減少に歯止めがかからないこの島の何か役に立てないか。福井さんの挑戦がスタートした。

  • 日本で唯一、淡水湖に浮かぶ有人の島・沖島。
    漁船に囲まれた港のギリギリまで古い民家が建ち並ぶ
  • 昭和時代で時が止まっているかのような風景。
    車がなく、島内の移動手段は三輪車・自転車のみ。令和3年時点の人口は約240人、年々減少

島の恵みを活かす
芋焼酎「沖の雫」誕生

  • 沖島の郷土料理を作る「湖島婦貴の会」の女性たち
  • 福井さんは農業を学び、サツマイモ(紅あずま)の栽培に挑戦。
    芋の運搬のため、船舶免許も取得

福井さんは、漁協の女性たち “湖島婦貴(ことぶき)の会”による沖島の郷土料理を食べたところ、おいしかったサツマイモに注目。島で栽培されるこの食用サツマイモ・紅あずまを使った焼酎づくりを企画した。2014年には活動団体“おきしま倶楽部”を創設、弟と2人で沖島の人里離れた耕作放棄地の開墾を始めた。乾燥した硬い砂地、ゴロゴロと出てくる大きな石、約1000平米を人力で耕すのは苦労の連続だったという。それでも2015年には約2トンもの紅あずまを初収穫、老舗酒造メーカー・太田酒造(滋賀県草津市)の協力のもと、芋焼酎“沖の雫”を商品化した。
翌年以降は、畑が猪の被害に遭って苗が全滅するなど、トラブルに見舞われることも。害獣対策を講じても、別の課題が出るなど、材料の紅あずまの安定供給が難しくなると、沖島の人たちから紅あずまを購入して焼酎づくりを継続している。

  • 沖島で収穫したサツマイモ・紅あずま
  • 「沖の雫」の醸造は太田酒造(滋賀県草津市)に協力を依頼

沖島資源の6次産業化
地域振興への波及効果に期待

  • ほりかふぇ(滋賀県近江八幡市多賀町)
  • ほりかふぇは、時代劇のロケ地として有名な八幡堀沿い。
    遊覧船を眺めながら沖の雫とつまみが味わえる

沖島の名前を冠したお酒づくりで県内外に沖島の存在をPRすると共に、材料購入で沖島経済を潤す一助に。「少しでも沖島の明るい未来につなげられたら」と福井さん。
“沖の雫”は、沖島の酒屋のほか、県内の道の駅などで購入できる。また、福井さんが経営する近江八幡市内の“ほりかふぇ”では、近江牛や鮒ずしなど郷土料理をつまみにして“沖の雫”を楽しむことができる。今年は地元のブルワリーと沖島産・紅あずまを使ったクラフトビールを醸造し、ほりかふぇで提供予定とのこと。沖島への関心を呼び起こす、さらなるきっかけにつなげていく。

  • ほりかふぇ内の土産コーナー
    「沖の雫」と共に、郷土料理のエビ豆に入れる淡水エビ(スジエビ)を使った
    「おきしませんべい」も企画販売
  • 神島芋焼酎 沖の雫
    芋焼酎特有の香りが穏やかなため、幅広い人に好まれる味わい。
    湖魚の佃煮、焼き魚などと相性抜群

「沖の雫」主な販売店
家飲み・滋賀土産におすすめ

・ほりかふぇ:滋賀県近江八幡市多賀町743
・西居酒店:滋賀県近江八幡市沖島268-1
・湖の駅浜大津:滋賀県大津市浜町2番1号
・湖の駅滋賀竜王:滋賀県蒲生郡竜王町大字薬師寺砂山1178-694三井アウトレットパーク滋賀竜王内
・彦根みやげ本陣:滋賀県彦根市佐和町1-8 彦根キャッスルリゾート&スパ1F
・黒壁五號館 黒壁AMISU:滋賀県長浜市元浜町8-16

今回の
「探訪スポット」

おきしま倶楽部
住所 滋賀県近江八幡市多賀町743
TEL 0748-26-3375
WEB https://okishima.org/
店舗情報 ※ほりかふぇで「沖の雫」を注文できるほか、店内お土産コーナーで「沖の雫」の購入可 ※ほりかふぇ定休日/水曜日 その他、臨時休業日あり。HPをチェック

アクセス

特集記事

  • Vol.21/中川誠盛堂 茶舗 グリーンティ土山

  • Vol.20/北島酒造

  • Vol.19/畑酒造

おすすめ記事

  • クサツエストピアホテル【春ランチ】旬の素材を天ぷらに!草津・老舗和菓子店の桜餅・三色団子付き

  • 佐川美術館「ポケモン×工芸」展覧会の作品例1

    【ポケモン×工芸展-美とわざの大発見-】ペア観覧券プレゼント!佐川美術館の春季企画展《会期 3/30~6/9》

  • ペア映画鑑賞券プレゼント!《イオンシネマ草津》春のおすすめ映画「四月になれば彼女は」3/22公開【じゆうじかん滋賀】

トップページに戻る