北島酒造

【滋賀 日本酒】北島酒造/湖南市
香り高く、ふくよか。誰もが認める味「御代栄」

しぼりたてを低温貯蔵し、熟成させてから火入れした「一番酒」。ほどよく甘口、コクがありながら後味は上品に。飲み慣れている人もうならせる、北島酒造の看板商品。
ポップなラベルが印象的な「BIWAKO NO KUJIRA」は、「ありえへんほど美味しいお酒」ということで命名された甘口の無濾過生原酒。 爽やかな果実香、すっきりと辛口な純米吟醸「近江のしずく」。 “玉栄”、“吟吹雪”、“山田錦”など近江産酒造好適米を高度精米した贅沢な日本酒。 どれもアルコール度数が高いため、常温、冷やのほかオンザロックもおすすめ。

伝統を重んじる「御代栄」個性際立つ「北島」

  • 旧東海道沿いで江戸期から造り酒屋を営む「北島酒造」
  • 敷地内の湧き水は鈴鹿山脈の伏流水

水口宿と石部宿を結ぶ湖南市の旧東海道沿い。白い土壁に瓦屋根、立派な門構えが凛と際立つ北島酒造。創業は1805年の江戸後期。敷地内に湧き出す鈴鹿山脈のやわらなか軟水、近江米を中心とする酒米を使用し、2つの日本酒ブランドを展開している。長い歴史を経た現在、当主を務めるのは第14代目蔵元の北島輝人さん。
「1本でも評判になり、1本でも評判を落とす」と語った先代の繊細な日本酒造りを受け継ぐ“御代栄”ブランドは、芳醇な香り、甘くてやさしい味わいが中心。品評会でも金賞を受賞するなど、変わらぬクオリティでファンの期待に応え続けている。
一方で、北島さん自身が好むのはお燗酒。穏やかですっきりとした、キレのある味わい。自身の飲みたいお酒を追求し、生原酒のほか北島酒造でそれまで取り入れていなかった 伝統製法“生酛造り”にも目を向けた。今から10年以上も前、他の酒造メーカーに先駆けての挑戦だった。「味が重たいのではないか」と怖かった生酛造りの日本酒はむしろ軽く、「明らかに味が違った」とのこと。可能性を確信した北島さんは、もう一つ別の“北島”ブランドで、挑戦する酒造りをスタートさせた。

  • 緩やかに発酵が進む醪(もろみ
  • 酒蔵の中にずらりと並ぶタンク。適度な温度で熟成が促される

蔵元の「想い」と杜氏の「技術」から生まれるシナジー

  • 麹造り。「その年よってお米の様子は異なる。
    常にいい方向へ導くための判断が入り、気を抜ける時はない」と杜氏。
  • 「ときどき斬新で無茶な注文をする」という14代目(写真右)。その想いを受け止め、共に挑戦し続ける杜氏(写真左)

息を合わせながら麹用の蒸米をもみ上げる、北島さんと杜氏の齋田泰之さん。秋から翌年の春先にかけ、ほぼ毎日繰り返される朝の風景だ。齋田さんは麹室の上に寝泊まりし、2時間おきに麹を確認して発酵状態を微調整する。すべての工程で柱となる“状態の見極め”においては「感覚的なものと数値的なものが一致していることが大事」と齋田さん。北島さんのユニークなアイデアや想いを受け止め、落とし込む技術力を持ち、春夏は米づくりを行って酒米にも精通。酒造りへの情熱にあふれる齋田杜氏への北島さんの信頼は厚い。

  • 朝陽が射し込む酒蔵で、蒸し上がった米を冷ます蔵人たち
  • 厳しい寒さの中での洗米作業。酒の種類に合わせ、秒単位で米の浸水時間を調整する

北島酒造の「自酒」が提案 日本酒の新鮮な楽しみ方

  • 酒の楽しみ方が多様化する時代。“地酒=自酒”として独自の価値観を突き詰める「北島ブランド」
  • 「人で酒の味は変わる。うちは、人の感覚を大事にする酒造りをしたい」と語る14代目

燗酒やロックに最適な生酛仕込みの酒。個性あふれる熟成タイプの日本酒。北島さんは、一味違った日本酒の楽しみ方を提案する。
若いときは迷いがたくさんあったという。「経営のためには売れる酒造りも必要。しかし、流行りは一時のもの。そればかりを追いかけると先はない。自分がおいしいと思う酒、方向性を決めたら、想いをわかってくれる酒屋さんを通じて、想いに共感してくれるお客さんに届けたい」
“地酒=自酒”。14代目は独自の価値観で業界に風を吹かし、200年以上続く老舗蔵元の歴史をつないでいる。

  • 人気の日本酒リキュール“柚子・梅・みるく”は、素材の味を引き立てる塩がアクセントに
  • 特徴のある酒は、地元の滋賀を飛び越え、都市部や海外で脚光を浴びている。人気の火はどこから着くかわからない

「北島」主な販売店(滋賀県内) 家飲み・滋賀土産におすすめ

【大津市】 
・小川酒店/滋賀県大津市浜大津2丁目1番31号
・加藤酒店/滋賀県大津市木下町13-1
【草津市】
・タカツ酒店/滋賀県草津市野村1丁目18-2
【守山市】
・酒酎屋たきもと/滋賀県守山市今宿2丁目11-18
【湖南市】
・酒問屋中村/滋賀県湖南市石部東2丁目6-36
【東近江市】
・こいずみ/東近江市青葉町3-6
・大桝屋/滋賀県東近江市山上町447
【彦根市】
・酒舗まえたに/滋賀県彦根市船町5-10

※売り切れの場合もあり、上記の店舗に確認のうえ来店を。
※「御代栄」は、北島酒造(湖南市)のほか、多数の小売店で取り扱い。取り寄せも可能。

今回の
「探訪スポット」

北島酒造
住所 〒520-3231
滋賀県湖南市 針756
TEL 0748-72-0012
WEB https://www.kitajima-shuzo.jp/
営業時間 平日 9:00~17:00
定休日 日祝定休/夏季 水・土曜不定休

アクセス

特集記事

  • Vol.21/中川誠盛堂 茶舗 グリーンティ土山

  • Vol.20/北島酒造

  • Vol.19/畑酒造

おすすめ記事

  • 【滋賀ランチ】カラダ喜ぶおばんざいバイキングの昼ごはん

  • 【クサツエストピアホテル】メロンフェア開催!“近江草津メロン”を贅沢に使った豪華スイーツを堪能しよう(7月3日から)

  • 【滋賀黒壁】奇抜なカラーリング「黒壁ソフト」

トップページに戻る